タクシーサービスチャンピオンシップ

 東京無線協同組合とチェッカーキャブ無線協同組合は、個々に研鑽を積み重ね、業界内に於ける激しいシェア争いで確固たる地位を築いて参りましたが、その中でも共通乗車券の発行を行なう等、昵懇の間柄でございました。 そこで、この度はその一環として11月10日に【タクシーサービスチャンピオンシップファイナル】を創設し、相互理解をより一層、深化させると共に、双方のサービスレベルの確認を通じた意識の高揚とサービス向上を目指すことといたしました。

昨今のタクシー業界に於いて、私達はサービス向上を常に追求し、ご利用頂くすべてのお客様に対して【選ばれるためのサービス】を提供する必要があります。 これは一朝一夕にして達成可能なテーマではなく、意識改革と接客技術向上の両輪を継続的に進めていかなくてはなりません。本大会はまさに時代の要請に適った取組みです。


記念すべき第1回となった今大会は、チェッカーキャブ無線加盟会社48社50事業所、東京無線加盟会社52社56事業所で予選大会を行い、それぞれの決勝大会を勝ち抜いた精鋭6名による素晴らしい競技が行われました。

 選りすぐられた選手たちによる白熱した競技はとても見事でした。すべての選手がお客様からの様々な要望・意見に対し誠意をもって対応し、また、どうすればお客様に喜んで頂けるのかを意識した接客が取り入れられており、すべてのタクシー乗務員のお手本となる内容でした。両グループのサービス向上へのひたむきな姿勢が感じられ、非常に有意義な大会となりました。

 私達は、大会を通じてお客様に更なる感動体験を提供出来るタクシーを目指し、東京の街を走り続けます。
今後とも、両グループを末永くご愛顧賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

・チェッカーキャブ無線協同組合

このページのトップヘ