タクシー業界の今とこれから

タクシー業界の今と これから

タクシー業界について

かつてのタクシーは、
「電話で呼ぶ」「手をあげて捕まえる」というスタイルが主流でした。

けれども、近年は配車アプリの普及によって、その利用スタイルが大きく変わりつつあります。

また、初乗り運賃の引き下げや、妊婦&子ども向けサービスの登場、
相乗りマッチングサービスの誕生など、
タクシー業界は社会のニーズに応じてフレキシブルに進化してきました。

今後も、AIなど最先端技術の積極的な活用によって、
より多くの人にとって身近な公共交通機関へと発展していくでしょう。

近い将来、車の自動運転が実現すれば、
タクシー業界のあり方はさらに大きく変わっていくはずです。

ただ、“心のこもったおもてなし”を提供できるのは、生身の人間だけ。

いくら技術が進歩しても、この仕事はAIにとってかわられることはありません。

「『乗って良かった』をすべての方に」という共通スローガンのもと、
私たちはこれからもお客さま満足度を追求していきます。

タクシー業界の未来

  • 交通インフラとしての
    役割が加速

    タクシーは、公共交通機関のひとつとしてなくてはならない存在です。超高齢社会の到来やインバウンドによる観光需要の増加、若者を中心とする人々の車離れなど、さまざまな要因から今後さらにニーズが高まると予測されています。

  • 運賃が明確化され、
    より身近な乗り物に

    昨年、国土交通省がタクシーの「事前確定運賃」を認可。今後は配車アプリを使い、乗る前に運賃を知ることができたり、確定することができたりするのが当たり前になるでしょう。渋滞などで運賃が上がる心配を払拭できるので、より利用しやすい移動手段になっていくはずです。

  • AIなど最先端技術の活用で、
    配車効率がアップ

    東京無線グループに30分後のタクシー需要を予測する「AIタクシー」が導入されているように、AIやビッグデータの活用で、より効率よく配車できるようになるはず。それによって、ドライバーの生産性が高まっていくでしょう。

私たちとともにハンドルを握り、
未来へと続く道を創っていきましょう!

(C)東京無線協同組合 〒169-0073 東京都新宿区百人町二丁目18番12号